さあオンライン教室始めよう!と思ったけど
横になってるSくん なかなか起きてこない
相手は小学2年生の男の子

いつ起きるのかな〜
なんて声かけようかな〜
やりたくないのかな〜
遊びたいのかな~
学校でなんかあったかな〜
やらなきゃいけないことはわかっているはずだし〜


結論:しばらく待ってみよう

お互いだんまり時間3〜4分
突然むくっと起き上がって彼は言った

「てんとう虫小学校の問題は苦労して描くから、練習してた」

そうなんだ
てんとう虫小学校の問題は過去に難しかった記憶があるから
自分の中で覚悟を決めようとしていたんだ
なんてけなげな自分との時間

苦労するってわかってるけど、やらなきゃいけないなあって

自分の気持ちを整えていたんだ

すごい時間だったんだ

「じゃ、本番行こうか」と言うと
「うん、本番行こう」とあっさり答えてくれました
〜感動〜

横になってるのはやる気がないように見えるけど
ちゃんと心の準備していたり、
ちゃんと考えたりしてるんだよね
本当に子どもたちはすごいなあ

毎回子どもたちから学ばされています

忍耐力の鍛え方
思い込みはよくないってこと
本当に信じてるの?ってことなどなど