尊敬する人の一人、工藤先生のお話が聞けます。
学校の問題だけではなく、日本社会に済む全ての人へ問題提起をされていると感じます。

「サービスが与えられることに慣れすぎている」

先生の教え方が悪いから成績上がらない

私たち親は塾へ行かせるという、他のサービスを探す

成績が上がらないのは、塾の教え方が悪いから

親の選んだ塾が悪いから

子どもがちゃんと勉強しないから

コロナのせいで

「与えられること、手をかけていくことに慣れすぎている日本
本来は、主体的なはずなのに」と、工藤先生はおっしゃいます。

主体的なはずなのに、生きていくうちいどんどん削がれていく
工藤先生の話を聞いたら、私に何ができるだろうといつも考えます。

「人のせいにしない。自分ならどうする?」