「口が達者で、大人気なく感情的に怒ってしまいそうになります。
そんな時、朝子先生ならどうするかなと思うことがあります。」
そんな相談を最近よくオンライン受講のお母さんより受けます。

女子はね、低学年でも結構すごいんです。
かなり、大人と対等な口調で挑んでくるんです。
頭にくるんですよねえ・・・。
わかりますわかります。
親の権力で押さえつけたくなる気持ちも・・・。


昔の私はもちろんぶつかってましたとも。
だから、本当は偉そうに言えないんですけど、
もったいないから聞いてもらいました。

オンライン受講のお母さんにアドバイスすると、
「考え方が180度変わりました。そう意識してみます」
と言ってくれましたので、シェアしますね

穏やかに聞いてあげましょう


そうなんです
聞いてあげてほしいんです
子どもが口答え、言い訳している時の頭の中がどうなっているかというと

考えまくっているんです

めちゃくちゃ、考える練習をしています
自分でやってしまったことの再現
自分でやってしまったことの分析
親をどう言いくるめようかの言葉の選択
親がどう言ってくるかの予測
こう言ってきたときはどうしようかという対策
自分を正当化するための探索

「言い訳するな!」と言うのも場合によっては必要ですが
時間があれば、聞いてあげてほしいのです
もったいないですから


あ〜、今、めっちゃ考えてるわ〜 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
悔しいけど、娘もがんばってるわ〜
よっしゃ、聞いてあげよう
ってね